ホテル名から探す

地域から探す

和と洋が融合した芸術的な空間で
ゲストへの心配りを第一に
華やかで絆深まる和やかな祝宴

Sさん&Aさん

「ホテル雅叙園東京」

ゲストやスタッフのサポートに感謝
「結婚式、やってよかった!」

芸術的で特別感のある施設に加え、ホスピタリティの高さから「ホテル雅叙園東京」に決めたふたり。1年以上前から準備を進めていたもののコロナの影響で延期することになった。中止するべきか悩んだが、招待予定のゲストからの温かいメッセージに後押しされて開催することに。結婚式当日は、ゲストが不安にならないように、受付には新婦セレクトのマスクケースやアルコールジェルなどの感染予防グッズをセットで準備し、手作りの説明書も同封して全員に渡した。挙式では、表情が見えるよう透明マスクも配布。そんなふたりの気遣いに、ゲストからは感謝の言葉と共に「幸せな気持ちになった」「感動して涙が出た」という感想も聞くことができた。「開催時期が変わったこともあって、衣裳の選び直しや、レイアウトや装飾の変更、感染予防を意識した進行づくりなど、悩みが尽きない日々でした。その中でたくさんの人たちに支えられていると実感できたことが一番の思い出。結婚式をしてよかったです!」と語ってくれた。

紅葉が美しい滝の前で、色打掛での記念撮影シーン。掛下や半襟、小物の色みやデザインにもこだわりモダンに仕上げた

天井から柔らかな自然光が入るガーデンチャペルでの挙式。母によるベールダウンの後、父と歩くバージンロードはどこかぎこちなく、お互いの緊張を感じる時間に。新郎に交代してから離れていく父の姿に、寂しさと、結婚をしたという実感が溢れてきたそう

庭園でフラワーシャワーシーン

新婦母手作りのリングピロー

ゲスト用に透明マスクを準備。オリジナルシールを作成し挙式時に配布

会場には長テーブルと円卓を配置、帯の上に水に浮かぶ花や黒皿を置き、テーブルごとの花器に高低差をつけ、白の花をメインに華やかに全体をまとめた

ウエルカムスペースには和装での前撮り写真をモダンに飾った

新婦憧れの大きなオリジナルケーキ

それぞれの母と中座

「祝い餅」というプロによる餅つきパフォーマンスのあと、新郎新婦、ゲストペア3組の順番でお餅つき。会場に一体感が生まれた。通常はそのお餅をデザートで振る舞う演出なのだが、感染予防のため差し替えての提供となった

結びのシーンでは両親へ「子育て感謝状」をプレゼント。生まれてから結婚式までの日数と、子供の頃と前撮り写真を印刷し、感謝の気持ちを綴った

両家揃ってゲストをお見送り。「招待してくれてありがとう」とゲストからいただいた言葉がうれしかった

この先輩カップルが挙げた式場はこちら

ホテル雅叙園東京

新橋・品川・目黒

  • 料理が自慢
  • 和の心 神前式
  • 少人数ウエディング

直近で開催されるブライダルフェア