ホテル名から探す

地域から探す

「ミモザ」カラーで明るく陽気に
ワクワク気分をゲストと楽しめた
笑顔溢れるアットホームパーティ

Yさん&Mさん

「千里阪急ホテル CLASSIC GARDEN」

ずっと夢見ていた、結婚式の一日
大切な人たちとの再会に絆を深めて

結婚式のテーマは「感謝」。その想いを花言葉に託して「ミモザ」をカラーモチーフに選び、自粛ムードを吹き飛ばすような明るい気分になれる披露パーティを準備した。手作りが大好きな新婦は、招待状に入れた入場チケットやプロフィールブック、ウエルカムアイテムなどを制作。どんな風に飾ろうか考えるのも楽しい時間に。感染対策グッズのアルコールジェルとマスクに付けた手作りタグも好評だった。演出はゲストも楽しめる参加型に。ふたりも当日何が起こるか分からないワクワク感を楽しみたいと抽選イベントや突然のご指名サプライズを行い、大盛り上がり。花嫁の手紙代わりのサンクスムービーは、友人たちも涙する感動のフィナーレとなった。コロナ禍で不安もあったが、多くのゲストから「久しぶりにみんなと会える機会を作ってくれてありがとう」と逆に感謝され、「素敵な会場!お料理が美味しかった!」と喜ばれた。新婦は「みなさんの大切さを改めて実感。こんな時だからこそ結婚式をして本当に良かったです」と、夢の一日を振り返った。

式前のチャペルで行ったファーストミート。振り返った新郎が手にしていたのは、花言葉で「最愛」を意味する11本の花束。以前、タイミングを外して不発ぎみだったというプロポーズを改めてサプライズで成功させた

挙式前、ファミリーミートと父親にはブートニアをプレゼント。入場では扉が開いた瞬間、ずっと夢見ていた光景に涙した新婦。母よりベールを下げてもらい父とバージンロードを進んだ

人前式では、ふたりをよく知る4名の友人から問いかけをしてもらった

リングガールはサプライズで新婦の妹に依頼

ドレスは細やかな刺しゅうと、背中のクルミボタンが華やか。サテンオーガンジーのスカートが美しく広がるシルエットに即決した

バルーンで飾ったウエルカムスペースには、ウエディングイラストのボードや前撮り写真をテーマごとに展示

紙選び・デザイン・製本までこだわって手作りしたプロフィールブック

ウエディングイラストを貼ったアルコールジェルを配布

ガーデンからのサプライズ入場ではホワイトデーのお菓子を配りながら

会場装飾はミモザの黄色が映えるダークカラーのクロスに、パンパスグラス、ユーカリ、流木、キャンドルなどでコーディネート。一番力を注いだ世界観にゲストも感激!

ゴールドの髪飾りにピアスとバングル、ドライのリースブーケでイメージチェンジ

ドライフルーツやローズマリーを飾ったクラシカルケーキに特注ソースをドリップ

抽選バイトで感謝のお裾分けを

フォトラウンドはポーズカードを引いてもらい色々なポーズで撮影

中座エスコートで指名した妹弟からは花束のプレゼント

自粛期間の中、美味しい料理を思い切り楽しんでもらいたいと開業50周年記念の特別メニューにグレードアップ

デザートには新郎からのLOVEメッセージ

お色直しではグレーのドレスにミモザのブーケ。ガーデンでのバルーンリリースでは、晴天の空を見上げ、素敵な1日になった感謝の気持ちで胸いっぱいに

この先輩カップルが挙げた式場はこちら

千里阪急ホテル CLASSIC GARDEN

大阪

  • 料理が自慢
  • 人気のチャペル
  • 眺望が良いバンケット
  • 緑溢れるバンケット
  • 少人数ウエディング

直近で開催されるブライダルフェア