ホテル名から探す

大切な人たちと心を通わせ
大好きなものに囲まれて
幸せを実感した特別な一日

Kさん&Eさん

「THE THOUSAND KYOTO」

ふたりの個性を表現しながら
家族やゲストとの絆を感じた結婚式

結婚を決めた後にコロナ禍となってしまい、挙式の日取りを延ばすことに。緊急事態宣言が開けてちょうどアルコールの提供もできるようになった時期に晴れて挙げることができた。前日にチェックイン、当日は客室にて朝からゆったりした時間のなかで花嫁支度を。普段から着物をまとうことが多いので、白無垢で結婚式を挙げたかったという花嫁。チャペルでも和装で登場したふたりはゲストにとっても新鮮な印象。花嫁の友人たちから「あなたらしいね」と好評だった。挙式では、お互いの両親と手を取り合って感謝を伝え、言葉以上に表情で心が通じ合った。ふたりが目指したのは、全員と語らい、寛ぎながら楽しむウエディング。歓談の時間を長く取りたかったので、余裕あるタイムテーブルとした。シンプルな会場をスタイリッシュな装花で演出。大人の雰囲気漂う空間で、料理とワインを味わいながら会話に花を咲かせられた。家族はもちろん、今までの人生で出会ったたくさんの人たちが一堂に会し、祝福してくれたことにも、サポートし続けてくれたスタッフにも感謝の気持ちが溢れた忘れられない一日に。
(Hotel Wedding関西版11号掲載)

大階段でのドラマティックな構図や、エントランスからロビーに抜ける通路のアートをバックにしたドレス姿など、たくさんの写真を撮影。

披露宴では両親への手紙の演出はしなかったが、挙式前に両親と花嫁だけで過ごす時間があったので、気持ちをしたためた手紙を朗読。プライベートな空間で感謝を伝えられて感無量。

挙式中、言葉にできない感謝の気持ちを込めてお互いの両親と手を取り合うセレモニー。喜び溢れるなかに一抹の寂しさが漂う両親の表情が印象的。

高い天井の空間にハープやバイオリンの音色が響く。ゲストの前で誓いの言葉を述べて家族としての気持ちも新たに。

豊かな緑の中で素敵な写真を。

ウエルカムスペースは新婦のセンスが光る空間に。

胡蝶蘭やアンスリウムなど個性的な花を使いながらスタイリッシュに仕上げたコーディネート。

新婦の衣裳が白なので色合いを合わせてシンプルななかにも大人の雰囲気に。

挙式の和装をアレンジした姿で披露宴スタート。京都らしい風情漂う空間によく映えて。

ふたりらしさ満載のムービー演出。ゲストの視線はスクリーンに釘付けに!

お色直しの中座は大好きな妹がエスコート。仲の良い様子がゲストにも伝わって微笑ましい退場シーンとなった。

試食で感激した美味しい料理のコースでおもてなし。

お色直しはウエディングドレスで。シンプルで上質なドレスは花嫁の大人っぽい美しさを際立たせて。

シンプルな2段のケーキに生花をあしらったデザインで会場とコーディネート。

ウエディングケーキのカット&ファーストバイトは、ゲストのカメラがふたりを取り囲んだ。

大切なゲスト一人ひとりと語らいの時間を持てたことにも感謝。

「ザ・サウザンド京都」の代名詞でもある大階段でのフォトシューティング。ドレスのシルエットが美しく映えたクールでスタイリッシュなショットに。

この先輩カップルが挙げた式場はこちら

THE THOUSAND KYOTO

京都・滋賀

  • アクセス抜群
  • 料理が自慢
  • 人気のチャペル
  • ラグジュアリー

直近で開催されるブライダルフェア

2024.06.01

[初見学の方に]ペアランチ券×2泊宿泊特典×独立チャペル挙式体験

「結婚式の準備を始めようと考えているけど、何から始めて良いか分からない…」そんな方におすすめフェア。…