ホテル名から探す

地域から探す

古式ゆかしい神社での神前式と
仲間との絆を感じるパーティで実現
ふたりらしい特別な時間

Mさん&Yさん

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」

こだわりのコーディネートと
演出で叶える、笑顔溢れる結婚式

500年以上の歴史を誇り、夫婦円満・子孫繁栄の神々を祀る「日枝神社」。厳かな神前式を望んだMさんとYさんは、この格式高い神社で神前式を挙げた。

挙式後は「ANAインターコンチネンタルホテル東京」へ移動。披露宴会場となったのは、100名以上のゲストがゆったりできるバンケット「プロミネンス」。天井が高く、和のテイストが活かされた空間は、色打掛との相性も抜群。Yさんが競輪の選手であることから、競輪の大会に見立てて、披露宴のテーマは「ウエディンググランプリ2018」。

会場コーディネートはYさんの仕事道具でもある自転車をメインに、Mさんの好きなレインボーローズで豪華さを、亡くなったYさんのお母様が好きだったというひまわりで可愛さを表現。競輪では大きなレースで優勝すると胴上げするのが定番なので、Yさんの先輩方から胴上げのサプライズプレゼントも。Yさんはもちろん、Mさんも胴上げで祝福された。

楽しい演出でゲストと共に盛り上がる、笑顔が絶えない一日となった。

江戸城の守り神として知られる、檜造りの社殿。静寂な空気が漂うこの空間で、永遠の愛を誓う

新郎新婦と参列者がゆっくりと神殿へ進む「参進の儀」 

憧れのドレスブランド「THE HANY」の色打掛を着たMさんと、白紋付が似合うYさん

レインボーローズが印象的な華やかな装花

オレンジが印象的な色打掛は、主役にふさわしい一着

アイテムは全て競輪を意識して

迫力のプロジェクションマッピング 

バックライトに照らされドラマティックに入場

再入場はお父様と一緒に

Yさんの後に胴上げされたMさん。「大レースを勝った時の気持ちを味わえて、うれしかったです」と語った

レース用の自転車と共に記念写真

会場の大きさを考慮して、敢えて選んだイミテーションケーキ。ブルーローズで美しくデコレーションした

ゲストからバラをもらったYさん。中央ステージでダーズンローズのセレモニーを

お母様へウエイトベアを手渡す

この先輩カップルが挙げた式場はこちら

ANAインターコンチネンタルホテル東京

六本木・赤坂・渋谷

  • アクセス抜群
  • 料理が自慢
  • 人気のチャペル
  • 眺望が良いバンケット
  • 少人数ウエディング

直近で開催されるブライダルフェア