ホテル名から探す

地域から探す

同期入社のふたりを仲間が祝福
愉快な余興で会場が一体に

2019年10月27日挙式 Sさん&Mさん

「THE THOUSAND KYOTO」

ゲストもふたりも
自然体で楽しめるパーティに

同期入社で、社員の送別会をきっかけに出会い、付き合い始めたというふたり。会社関係の招待客が多かったので、ゲストも新郎新婦も、できる限り飾らず普段通りでいられるよう、会場は緑を基調としたナチュラルな雰囲気にこだわった。新郎からのリクエストは、料理の量。「結婚式のフレンチは、見た目はきれいだけどお腹はいっぱいにならない」という経験があり、シェフに相談したところ、「”量”には自信があります」との言葉。2回行った試食会は、どちらもお腹がパンパンになるほどのボリュームで、挙式当日も女性ゲストはもちろん、男性ゲストからも大好評だった。

KOMOREBIDOでのベールダウン。ベールは新婦母手作り

緊張気味の新婦を温かくエスコートしてくれた新婦父

優しく厳かな雰囲気に包まれる純白のバージンロード

大好きな甥と姪がリングボーイ&リングガール。可愛い姿に会場が和んだ

ジュエリーボックス型のリングピローも新婦母の手作り。チャペルの雰囲気にもぴったり

まるでリゾートのような緑豊かなチャペル前での集合写真

新婦手作りのウエルカムボードやお気に入りの小物をディスプレイ

入場をはじめ、シーンごとに色を変え、照明演出はカラフルに

クラッチタイプのブーケは新婦叔母の手作り

勤め先の製品であるキッチン包丁でケーキ入刀。ゲストの大半が会社関連だったのでファーストバイトも盛り上がった

焼酎の利き酒ゲームのあと、新郎厳選の焼酎3本とお祝いの泡盛を自由に飲めるようにして、みんなで利き酒を楽しんだ

特大バルーンを持って再入場。新郎はチェックのシャツに衣裳チェンジ。シャツだけでも印象が変わり親族からも好評

バルーンはリングボーイとリングガールにプレゼント

新郎おすすめの焼酎でゲストと和やかなひととき

BGMは全て洋楽で統一。お色直しは華やかで大きめのブーケに

大型プロジェクターを使った、会社同僚による愉快な余興

爆笑から一転、両親への手紙は今日一番の感動シーン

新婦の生まれ年のワインを両親への贈呈品に。簡単には見つからなかったヴィンテージワイン。「お正月などみんなが集まったときにこのワインを一緒に飲んで、結婚式の思い出を振り返りたいです」

この先輩カップルが挙げた式場はこちら

THE THOUSAND KYOTO

京都・滋賀

  • アクセス抜群
  • 料理が自慢
  • 人気のチャペル
  • ラグジュアリー

直近で開催されるブライダルフェア

2022.01.21

2組限定[オーダーメイドW体感]衣裳付特典×挙式体験×拘り相談会

[京都駅前徒歩2分&グッドデザイン賞受賞ホテル]様々な人気アイテムを組合せることができるオーダーメイド…