ホテル名から探す

地域から探す

オリジナルデザインが叶う!個性派花嫁に人気の「MUKU」ブーケ

「パレスホテル東京」にある、ウエディングのために生まれた装花ブランド「MUKU」。

「MUKU」が多くの花嫁に支持されているのは、何といっても感性豊かなフラワーデザイナーが、新郎新婦の想いやこだわりを丁寧に汲み取ってくれるから。そこからアイデアを膨らませ、大胆かつ独創的な表現で唯一無二の世界観を創り出してくれます。

また、四季折々の花を生かしながら、さまざまな素材との組み合わせによる一味違ったデザインも、「MUKU」ならではの魅力です。

本記事では、ドレス姿を輝かせる「MUKU」の最旬ブーケについてご紹介していきます。

柔らかな光を纏い イノセントな雰囲気

柔らかな光を纏い イノセントな雰囲気

カトレアに、ドライ加工したルスカス、ユーカリを加え、純白の花だけで作るブーケは、光を通すとまた違った表情に。花嫁の無垢な美を引き立てる透明感と繊細さをたたえたデザイン。

[花材]カトレア、ルスカス、ユーカリ
[参考価格]¥80,000
トレンド派花嫁に贈る 異素材MIXブーケ

トレンド派花嫁に贈る 異素材MIXブーケ

コーラルピンクのシャクヤクが艶やかに咲き誇るゴージャスなブーケは、フェザーをアクセントに置いて、モード感たっぷりに。素材の違いが生み出す化学変化で、他の花嫁と差がつくこと間違いなし!

[花材]シャクヤク、クジャクの羽
[参考価格]¥60,000
洗練が宿る 流れるように優美なフォルム

洗練が宿る 流れるように優美なフォルム

華奢な花弁が可憐なデルフィニウムと、マットな質感のグリーンをシンプルにまとめた潔いアレンジ。スタイリッシュなデザインと、流れるようなフォルムは、タイトなドレスとベストバランス。

[花材]デルフィニウム、リプサリス
[参考価格]¥60,000
シックなアースカラーが 女性らしい奥ゆかしさを演出

シックなアースカラーが 女性らしい奥ゆかしさを演出

2種類のバラとアンティークな雰囲気の花材による、溢れ出すようなダイナミックライン。ボリューミーな花材には、主張し過ぎない上品な色をチョイス。くすみピンクのグラデーションで、大人可愛いイメージに。

[花材]バラ(シュナーベル・カフェラテ)、ディアボロ、フェアビアンカ、ライラック
[参考価格]¥100,000
ホワイト×グリーンの 瑞々しい美しさを追求

ホワイト×グリーンの 瑞々しい美しさを追求

オーニソガラムの可憐なホワイトと、ベビーハンズやイタリアンルスカスなど、形も質感も異なる多彩なグリーン。一つひとつの素材を生かし、爽やかで瑞々しい2色のコントラストを創り上げているのが特徴。

[花材]オーニソガラム、タマンダ、ビバーナム、イタリアンルスカス、ベビーハンズ
[参考価格]¥50,000

最後にご紹介するのが、「MUKU」でエグゼクティブディレクターを務める林 英明さん。オランダ、ベルギーにてフラワーデザインを学び、老舗ホテルの装飾を担当するなど経験を積んだ後、Massa & Artists へ。現在は、ウエディング、ハイブランドのフラワーデコレーション、ディスプレイなど数多く手掛けています。そんなホテルフローリストの林さんに、ブーケへのこだわりを伺ってみました。

林 英明さん

エグゼクティブディレクター:林 英明さん

特別な一日に、自分をどう表現したいのか 大切なのは「ふたりらしさ」です

トレンドについてよく聞かれるのですが、トレンドはお客様が創るものだと考えています。

SNSで見た誰かと同じブーケをご希望する方もいらっしゃいますが、自分にぴったりの素敵なブーケを持つには、「ふたりらしさ」を取り入れることが、何よりも大切だと思います。

だから、ふたりが好きなものや大事にしていること、ドレスを選んだ理由や、ゲストにどう見られたいのか…たくさんの会話から伝わってくるふたりのバックボーンが重要なエッセンスになります。

僕たち自身も、常に新しい発想でふたりらしさを表現できるよう、日々向上心を持って取り組んでいます。そのふたつが合わさって、花嫁にとって唯一無二のブーケが出来上がるのです。

新郎新婦のストーリーを何よりも尊重し、唯一無二のデザインを提案してくれる「MUKU」。そんな自由かつ個性溢れるブーケに、ふたりの幸せのカタチをぜひ表現してみてください!

この記事は「Hotel Wedding 42号」からの流用となります。

雑誌のご購入はこちら